「いつでもやめられる」ことこそ強者の特権

ブロガーちきりんさんが良いこと言ってたので、このことについて

「いつでもやめられる」ことこそ強者の特権

仕事でも人間関係でも、たとえば住むところでも

続けなきゃいけない ”理由” があるとそこが弱みになり、選択肢が狭まりまたその弱みに付け込まれるわけですが

(引用)

最近色んな人を見て思うのは、「強い人は何であれ止めることを躊躇しない」

自分の人生をなんに使うかを考え、「明らかにこれではない」という結論が出た時、すぐに辞められるのが強者で、

「そんなに簡単にやめられるわけない」と思うのが弱者。

と言います。

ほんとその通り!

大体僕もそんな感じで生きてましてね、(強者ではない 笑)でも第2の人生的なことやってる人はそんな感じ何じゃないですかね (適当)

まあ、逃げれない理由。いろいろあるよね。

でも大抵本人の思い込みなんですよね。仕事が嫌ならやめればいいし、そのうち自分にピッタリの仕事見つかるよ。(しかし、新しく初めた仕事とか、「これドコが面白ドコだろ」とか研究する気持ちは大事で、瞬間でも真剣に取り組まない人はずっとダメ人間)

で、瞬間収入がなくなったとしても、日本じゃ餓死にしないしね。

問題の一つ思い込みは、追い込まれて思考低下によるものなのか?

それとも、もう申し訳ないけど勉強不足(やる気)の問題なのか?

正直ね、勉強不足の場合は自業自得としか言いようがありません。

持論ですが、頭は使えば使うほど良くなります。ちょっとずつ1日5分とかからでも良いので文字を読む、文字を書く。

ツイッターとか良いと思うんですよね。日記は続かないでしょ 笑

初めは1分しょうもない文でも垂れ流してくださいな。その後は目標毎日100文字1発信とか。誰に対してとか考えない。いいね!もらえないとか考えない 笑 。100〜150文字ってチョット感じたことをまとめるには丁度良いですよ。足りないなあって時無理やり絞り出す。長いなあって時無駄な文をカットする。そして仮想相手に一番伝えたい事を伝える。

ツイッター。遊んでる感じも背伸び感無くていいじゃないですか。

勉強は遊びなんですよ。そして仕事も遊び。でも相手がいるなら真剣に。その真剣さが心を動かすし、価値を生みます。その価値は信用になり、信用は時にお金になります。

いやいややっている ”動き” は体から発するオーラになり、感性の良い人には見抜かれますよ(スピリチュアル関係なし)

話は変わりますが(突然) 誰でも嫌な感情に支配される時はあると思うんですよね。

どうやって切り替えています?

”十勝晴れ” 良いすっよね。空が晴れてると強制的にいい気分!

僕が今ココにいる理由

っていう強引な締め。笑 

 

今日のお仕事

ホイールリペア。ガリガリをパテ盛りとか、途中で中断して帯広出張とか。

関連記事

  1. 無垢無塗装の場合

  2. メラミンパネルの欠け補修

  3. 他人の補修跡を直した話

  4. フローリング割れエラーの補修

  5. 吹き付け塗装で火災報知器が作動した話

  6. グレーパープルなドアの色作り