カラークリアーで色合わせ

使わないときは折れてスペース確保できるテーブルですね。

この折れて隠れる接合部。塗装されていません。

このとき、塗装有る無しの違和感を感じて気持ち悪いようで、

そんな塗装依頼でした。

まずは養生。

そして、マスキング。この丁番をしっかりしないとですが、超繊細!

天板はウレタン塗装っぽかったです。

なので、小口塗装もウレタンでするべき。

ウレタンに染料を混ぜてカラークリアーを作ります。

それを吹き付け。

まあまあいい感じになった!と思いませんか?

関連記事

  1. もし1年で一度だけ車をキレイにするならいつか?

  2. 玄関ドア枠のキズ補修

  3. バキッと割れた樹脂サッシの補修

  4. ビス穴消し。いっぱい!

  5. ベーシックな床キズと多めな枠なキズ

  6. 細かい多量の床キズ