カラークリアーで色合わせ

使わないときは折れてスペース確保できるテーブルですね。

この折れて隠れる接合部。塗装されていません。

このとき、塗装有る無しの違和感を感じて気持ち悪いようで、

そんな塗装依頼でした。

まずは養生。

そして、マスキング。この丁番をしっかりしないとですが、超繊細!

天板はウレタン塗装っぽかったです。

なので、小口塗装もウレタンでするべき。

ウレタンに染料を混ぜてカラークリアーを作ります。

それを吹き付け。

まあまあいい感じになった!と思いませんか?

関連記事

  1. 薬品侵食っぽい内部剥離の塗装補修

  2. ビス穴消し。いっぱい!

  3. 室内ドアの陥没補修

  4. アイロン焦げの補修

  5. 小さな、ピンで刺されたようなキズなんですけどね

  6. 蓄熱暖房機のパネル塗装

最近の記事

おすすめ記事1 おすすめ記事2
  1. 登録されている記事はございません。
  1. 登録されている記事はございません。