玄関ドア原状回復工事

すっかり塗装が剥げた表面がかすっかすになった木製ドア

に見えますが、チョット違うんです。

アップをちょっとご覧ください。

不自然に白いでしょ

実はこのドアはFRP製だそうで、それを知らずにサンダーがけをして塗装を剥がしちゃったんだそう

で、そもそもなんでサンダー掛けたの?

と言いますと、このようなクリア剥がれの対策をしたかった模様でして

んで、僕が引き継いだのですが、やっぱりこのクリア剥がれはイヤよね。

機械式サンダーだとどうも削れ過ぎちゃうし、チョット考えてこんなことをしました。

テープを貼る。↓

テープを剥がす。すると剥がれてるクリアを引っ張ってくれる。

意外とこのクリアをサンディングで粉砕してなくすのは大変です。なので良い時短!!

その後、塗装下地処理として、#400 #800ペーパー水研ぎをすると

こんな感じです。剥がれクリアもう無いよ!

次回、ベース塗装に続きます〜

関連記事

  1. ZOZOスーツレビュー

  2. 集成材の輪染み消し

  3. 室内ドアの陥没補修

  4. 蓄熱暖房機のリフレッシュ塗装

  5. 安い下駄箱扉は補修予算が取れない話

  6. 定期預金が見つかったよ!

最近の記事

おすすめ記事1 おすすめ記事2
  1. 登録されている記事はございません。
  1. 登録されている記事はございません。