室内ドアの陥没補修

ぱっと見、3cmほどの陥没ですが、

パテ埋めすると、もっとでした。

 

今回、他の補修屋さんのテクニック事例をテスト。

ざっくり木目を入れる。大胆に

その上から、下色をかぶせて透かせて情報量を増やす的な

良いかも!と思ったんですが、ちょっと濁りが消せなかった。

特に輪郭部はエグく出がちだよねぇ。

関連記事

  1. 日焼けで色抜けの床をなんとか色を入れる補うと

  2. タバコの焦げ跡ってのは減っていきますよね

  3. いろいろなんとなくな日(雑記)

  4. 新しい地図

  5. 接着の仕組みについて

  6. 名前のこと