室内ドアの陥没補修

ぱっと見、3cmほどの陥没ですが、

パテ埋めすると、もっとでした。

 

今回、他の補修屋さんのテクニック事例をテスト。

ざっくり木目を入れる。大胆に

その上から、下色をかぶせて透かせて情報量を増やす的な

良いかも!と思ったんですが、ちょっと濁りが消せなかった。

特に輪郭部はエグく出がちだよねぇ。

関連記事

  1. ロゴが出来たからいろいろアップデートしなきゃな話

  2. 安い木を塗装でグレードアップするーワックス編

  3. 溶けない汚れ削る汚れ

  4. アルミのキズ消し磨き仕上げやメンテの話

  5. 外壁サイディングの劣化剥がれ

  6. 溶接スパーク跡消せます。

最近の記事

おすすめ記事1 おすすめ記事2
  1. 登録されている記事はございません。
  1. 登録されている記事はございません。