床のシミ補修。難しんですよ。。。

50cmほどに渡る立派なシミ

表面は一部剥がれています。

塗るとか以前に、まずは剥がれや無くなっているところをなんとかします。パテ

で、塗るわけですが、まずは黒系を徹底的に消します。色合い全く合わせていませんが、生の木の色を入れていったほうが、透けて最後良いかなと思っています。

ちょっとずつ染める。この段階でベタ塗りせず木目をイメージして

左から完成への試し塗り

全体的に染めていく

トーンなどの調整

最後がどこまでやるか難しいところです。ちょっと濃くなった!!このさじ加減が難しんですよね。。。

関連記事

  1. 陽射しやらなんやらで傷んだ床の着色補修

  2. キッチン造作カウンターの接続部が粗いんですが大丈夫です。

  3. 床変色補修をしましたがイマイチだった話

  4. 細かい傷まとめて

  5. シルバーカラーの違いをちょっと

  6. 棚板塗装全剥補修