建材が水分を含むと膨らむ物があります

住宅内装建材の構造はMDFやパーティクルボードにオレフィンシートを貼り合わせた物が使われます。

もちろんお金をかければ本物の木材だったり合板材を使いますが、まあコストダウン建材の話と思ってください。

そして安建材は目に見えるところだけがラッピングされていて見えない所は前出のMDFなどがむき出しです。

この母材の部分は水分にとても弱いです。

イメージとしてはダンボールが一部濡れちゃうと、、、なんか膨らみますよね。そんな感じです。

今回の現場

帯広市内賃貸物件

すでに次の入居が決まっていて綺麗にして入居してもらいたいご依頼です。

施工する前にクリーニングするわけですが、、、なんか臭うんですけど

どうもペットのおしっこなのかなあ? まあべつにいいですけど 笑

補修の基本は膨らみは全てカットです。切り取りです。

そんで凹みは埋めます。そして塗装です。

って感じでやるとこんな感じですー

ドアの下部も染み込んでました。シミは黒ずみで汚らしいですよね。

色を合わせるだけでもだいぶ気持ちは良いはずです。

関連記事

  1. 新年度は床材張替え後の補修から

  2. 若者のほうが未来のことを真剣に考えているということの話

  3. ホイールリペアやってます

  4. 祝!確定申告終了

  5. 陶器のうさぎ

  6. インセンティブと名誉職の話