クッションフロアのキズ補修

クッションフロアも色、柄、模様ともに見た目はすごいですよね。

しかし、”クッション” ですから、触るとふわふわ感が!

ふわふわということは、”動く” ということ。

それがなにかといいますと

(埋める、くっつける、固める) と (動く) は実に都合が悪いのです。

動いて引っ張られる、限界が来ると離れます。ちぎれます。割れます。

ですから、クッションフロア補修の際には、その部分はカチカチになりますよ と条件付をさせてもらっています。

ちぎれるわけにはいかんのです。

 

てな事で、了承得た現場にて

なんやらカッター刺さったようなギズが3箇所。

直し方ですが、一言で言いますと、接着剤調色みたいな感じ。

当たり前ですが色は合わせたい。あとなるべく平らにしたい。

平ら問題は、ここではサンディングするとクッションフロアにダメージが入るので、なるべくしたくないんです。

そんなんで、いろいろな工夫を、そこそこの力加減でやって、こんな感じです。

完璧な直し方ではないですが、まあまあいい感じかと!

関連記事

  1. 陶器のエラー対処

  2. 染料で描く!

  3. 消えるシミ消えないシミ

  4. 玄関ドア原状回復工事(木目仕上編)

  5. 木口テープを貼るのは難しい?

  6. 室内ドアの陥没補修