3Dプリントを使った補修

こういう24ミリくらいの隙間を埋めたいと思ったんですね。(すでにプリントしたのを入れています)

パテでモリモリするには少し手強い。しかも直角面は整形しにくいんですよね。

 

で、少し前に興味のあったfusion360で簡単に設計して3Dプリント出力。

(豆腐にしか見えない)

ちょっと古いプリンタなので、積層面ガタガタ

パテで埋めて整形します。

これをベース塗装しておいて、接着

木目を描いたら出来上がり。ちょっと適当すぎた!

ちゃんと補修すれば普通にきれいになります(言い訳)

で、検証としては帰ってプリントして翌日の補修なので、日にちはかかるものの作業時間は短いのが良かった。

複雑な形状も当然作れるので、欠けたパーツのベースを作るとか補修の幅は広がりそう。

今後に期待!!

関連記事

  1. 硬質木口テープ割れの補修

  2. 安い下駄箱扉は補修予算が取れない話

  3. 階段から落としちゃった傷直し

  4. フローリングのタイヤ跡消し

  5. カマチのスキマ

  6. 仕様以上の仕上がりを補修で!