ダーク系の床の白い線傷が多数。どうする?

アップではこんな傷です。

で、ここと

こことあって、一つ一つを積算すると結構な金額になっちゃいます。

なので、いっぺんになんとかならないかな工法なんですが

もちろん下地処理はします。まずはペーパー掛けをしてエッジを滑らかに

ピース区切りでマスキング

ここから着色など

サンディングした白が残ると嫌なので、黒で下塗り

下塗り全体。だいぶ白さは抜けましたが、ここで目立つのは凹み

なので、凹みを埋める。エッジ感はなくなりました。でもギラギラ

色もちょっとムラムラ

 

 

ここから色ムラをなくしたいので、ボカシ塗装

明るくしたり

暗くしたり

目立たなくなったら完了です。

細かい描写を描いてるわけでもないですから、じっくり見ると塗った感がありありですが

全体の雰囲気に違和感を無くすっていうやり方です。

関連記事

  1. レールの固定ビス(仮)の隠蔽

  2. 写真だけ見てもらう日のブログ

  3. えぐれちゃった床の傷とくぼんじゃった床の傷

  4. 陽射しやらなんやらで傷んだ床の着色補修

  5. 祝!確定申告終了

  6. 蓄熱暖房機の変色を塗らずに綺麗にできる?

最近の記事

おすすめ記事1 おすすめ記事2
  1. 登録されている記事はございません。
  1. 登録されている記事はございません。