洗面化粧パネルの傷

ご覧のとおりのカッター傷ですが

ガッツリではなくうっすら

とりあえずペーパー(#400)で研磨

ラッキーなことにクリア層でとどまっていました

このあとの処理としては、艶を回復、ツルツル感を戻したいなあと思い

ウレタンクリアを吹き付け

なのですが、若干違和感

どうやら表面にメタリック層があったようで、研磨でなくなった模様

メタリックを混ぜたクリアを吹く

クリア硬化後、ザラつき研磨

すると、まあまあ回復(洗面の電気を付けた感じです)

消すと全くわからない。

という補修工事事例です。

関連記事

  1. ハードワックスの色がぴったり作れると気持ち良い話

  2. シルバーの木目を書いた話

  3. 床表面剥げ補修

  4. 年末と経費と道具

  5. 床の劣化によるハガレ補修

  6. 床の接着剤除去の話

最近の記事

おすすめ記事1 おすすめ記事2
  1. 登録されている記事はございません。
  1. 登録されている記事はございません。