YODOKO(倉庫)の凹み直し

新設の収納倉庫ですが、角をぶつけちゃった模様

金属の凹みは意外と直す幅が広くて、まずはその範囲確定が大事です。

まっすぐの定規を当てて光が漏れるところが範囲です。

凹みがあれば凸もあり、出っ張りは叩くのです(写真なし)

まずはここを大きく直すことに決定。

あら目パテを塗る。モルタルじゃないよ 笑

大体盛れた。随時確認。

仕上げパテを盛る & 整形(3回位やります。良い出来になるまで)

ここでも確認。よき

エアでゴミを飛ばすと、巣穴が見えてきます。ここも要チェックや!

この巣穴程度だと、ラッカーパテなど簡易的なので埋めちゃう。適材適所

この後は塗装です。

脱脂 → プライマー → サフ → 着色塗装

良い染まり方になったら、クリアを塗ります。ここでツヤ調整。

いろんな角度で確認。完成!

関連記事

  1. アルミサッシの近くで溶接をやると事故るようです

  2. 高い場所のガラスのキズ消し

  3. ボロくて予算がなくてもそこそこきれいにできる話

  4. キズはふさいでおいたほうがいいですよ

  5. 施工方法を迷う大きさの床傷

  6. 樹脂サッシのリペアは2時間くらい掛かります