タッチアップと吹付けの違い その2

ドアハンドル付近です。

タッチアップというか補修材を筆で 塗りっ とした跡。

ま、ダメですよね。

メーカー支給の補修塗料は保護目的も兼ねてて結構濃いので、一度全部取ります(溶かす)

そうすると元の傷が見えるので、傷がひどければパテ処理、色抜けだけなら塗装処理に移ります。

そんなんで仕上げこんな感じです。

関連記事

  1. 室内ドアの表面剥がれ補修

  2. 蓄熱暖房機のリフレッシュ塗装

  3. PayPayはじめました。

  4. タイヤシミ除去今季2度目

  5. フローリングのクリア層の部分剥がれの補修

  6. ロゴが出来たからいろいろアップデートしなきゃな話

最近の記事

おすすめ記事1 おすすめ記事2
  1. 登録されている記事はございません。
  1. 登録されている記事はございません。