浴槽のヒビ補修

ちょっと小さめのユニットバス。最新の魔法瓶モデルとかでもなくて、ほんと昔ながらの一発整形なやつ。

なんでも長期に使っていれば劣化はするものでして、今回ももう少し延命させたいとの方針。

本来、お風呂はお風呂なりの補修があるはずで、水圧やら水に長時間触れる条件だとか、正直保証出来るものではないです。しかし、それでは全くだめかというと

例えば、クリア塗料は自動車塗装で使われているものなのですが、自動車ボディーが水に濡れて染み込むか?剥がれるか?というと、そういう問題ではないですよね。あくまでも下処理や、プライマーなど密着など施工計画を考えるということが重要だと思うんです。

それでも考えてもエラーが出る場合はあります。僕はその点もお伝えして、不良クレームがあれば検証することが重要で、ビビってすべてお断りしていると全く技術も上がりません。経験もできません。

ということで、方針としては基本的には施工したい。しかし想定外の不良が出る場合もある。ことを条件で、交換より安く短期間にせよ延命出来て、お互いWinWinになれば良いよね。てな事です。

さて、実際の施工ですが、メインはFRPでパッチ。ほんとはガラス繊維のシート貼れれば盤石なのですが、もっこり良くないし、そこは諦めて液だけで。壁面液垂れするのでビニールを貼る。

FRP24時間硬化なので養生して1日目終了

シャワー入れます!

2日目。メイン作業。狭い!

余計なFRPを切削。足りないところはパテ追加。

塗る。ぶっちゃけ照度は良くないので、あまり色があっていなくても解らない。

そもそも照度環境が良くないので色も作りにくい。。。

クリア。実は自動車用じゃない。めちゃくちゃ硬い。扱いにくい。コレで広範囲塗る。

割れに対しては、FRPと2重防御。

完成写真。最後に研磨してツルツルにします。

関連記事

  1. 壁紙の汚れ落とし

  2. 棚が必要だな〜 って思っていたら家具を貰ったので塗り替えた話…

  3. 浴槽のキズ 直す人いないみたいですよ!

  4. ホイールリペア ver.180911

  5. 玄関ドアの一皮剥けた傷

  6. インフルエンサーの罪