キャンピングカーのどこを補修するの?

自動車のアルミホイールの補修などもたまにやっていまして、その関係?かどうか(知ってもらっている程度)は解りませんが、たまにご利用いただいています。

で、自動車っぽいところではなく(むしろそれは自社で直せる)あてにされているところは、家具っぽい所

やはり木目ですよね。

↓ こんなところ

このくらいの傷だと、極小の手数で仕上げたい。

しっかり埋めて平面を出さないと、光の反射で影が出ます。

昨日の床と一緒でちょっと濃く出るときがあり、一発で100%うまくはいきませんのだ。試行錯誤

自動車の内装は使われる箇所が少ないので、住宅の建材より高品質の素材が多めな印象。

無垢材って見る角度で色合いが変わるんですよね(方向変色といいます)

なので、どの角度を重視するかをまず考えます。

今回の場所ですと、乗る時の一番接近するちょっと斜めしたの場所かな?と想像。あと後方シートに座った時に違和感がないか。

という、こんな角度を重視。という施工でした。

関連記事

  1. ほんのちょっとしたサッシ補修

  2. 玄関ドアのチョイキズ

  3. サイディング再固定のに伴う補修

  4. ドアにぶつけて陥没させちゃっても。。。

  5. 石タイルの表面欠け補修

  6. しょぼい画像編集のお勉強をしていますよ