めんどくさそうな線傷の事例

床の傷で嫌なもののひとつに長い線傷があります。

細いからまだマシな方とか思うかもしれませんが、色が違うと傷の線が色のついた線にしかならずに、ようは色作りがシビアなわけです。

しかも、今回は木目と直行した傷でして、

なんで直行嫌なのかと言いますと、

木目と平行だと、ちょっと違う色に塗っても木目に見えてラッキーってなるんですよね。

直行方向だと全くそうはならず、かつ床材の横ピースが微妙に色が違うといちいち微調整しないとだめで、とにかく面倒くさいんですよね。

 

長い。。。

これがどうなるかと言うと、こんな感じ。 濃く乗っけ過ぎた場所が見えるなあ

 

もう一か所。ちょっと太い、ちょっと斜め

やっぱり横方向が目立つ。一番薄い木目色難しいんですよね。

関連記事

  1. 貼り物系の棚板の傷補修

  2. 床変色補修をしましたがイマイチだった話

  3. 工場改装中です。

  4. 簡単な対処のほうが消える傷もあります

  5. twitter アウトソーシングという考え方

  6. 床の補修はどこまでが適当か?