角は硬くして仕上げます

なぜかと言いますと、足で踏みやすいから。

単純ですね、補修材は柔らかいもの、硬いもの色々ありますが、通常硬いほうが仕上げに手間がかかります。

柔らかめの補修材(充填剤)は100色くらい持っていますが、硬いパテはそれほどありません。っていうか5色くらい?

なので、埋めてから着色するってこと。

そこまでしてでも角は踏んづけて取れないように、固くしたいんです。

光の加減で色が全然違いますが、埋めて着色しています。

別パターン。以前作業した人は、これ柔らかいやつ。

余計なものクリーニング → パテ → 成形 → 着色

 

どこでも同じ材料を使うわけではないのです。

関連記事

  1. 浴槽の欠け傷補修

  2. 有名人から刺激を受けた日の話

  3. 補修屋がコツコツ外壁塗装をしておりました1

  4. お風呂の床補修

  5. 繋ぎ目の処理とデザイン感

  6. 暑い現場と寒い現場の話

最近の記事

おすすめ記事1 おすすめ記事2
  1. 登録されている記事はございません。
  1. 登録されている記事はございません。