フローリングの溝の不自然な劣化

割れているではなく、削れていることは間違いないのですが、その上からワックスが掛かっているのかしら?

劣化が進行している風ではないのですよね。

表面もシンナーで溶けず、良い仕上がり。質の良いフローリング材ってことです。

入り口に集中しているのは何か訳が?。。。

質が良い健在なので同じようにしっかり仕上げたい。

固くなるパテで充填。これがピッタリ色が合えば簡単なんですが。

 

その後溝を彫り、成形。表面の色合わせ。溝も色合わせ。仕上がりです。

関連記事

  1. ガラス傷消しの日

  2. スポーツ少年団への提案の話

  3. キャンピングカーの木部補修

  4. 逆回し、補修紹介。

  5. アルミサッシのビス穴傷(集中)

  6. 隅っこは大変な話