手すりの擦り傷補修

始まり、終わりという部分は、やはりぶつかりやすいんでしょうか?

接触したことに反応して、避けようと擦り傷につながるのか?

擦り傷ですと、キズにはなるものの深さはあまり無く、構造レイヤーとしては着色部分まで削れてないことが多いです。

そうであれば、クリアー塗装だけでわからなくなる場合が多く、今回もそんな事例。

こんな感じ!!

関連記事

  1. 難しいやつを簡単に直せないか練習

  2. インテリアコーディネーターさんのブログ内でリンクを貼られまし…

  3. 白より黒がマシ?

  4. サクッと床補修

  5. 新庁舎建設というオイシイ話

  6. 角は硬くして仕上げます

最近の記事

おすすめ記事1 おすすめ記事2
  1. 登録されている記事はございません。
  1. 登録されている記事はございません。