手すりの擦り傷補修

始まり、終わりという部分は、やはりぶつかりやすいんでしょうか?

接触したことに反応して、避けようと擦り傷につながるのか?

擦り傷ですと、キズにはなるものの深さはあまり無く、構造レイヤーとしては着色部分まで削れてないことが多いです。

そうであれば、クリアー塗装だけでわからなくなる場合が多く、今回もそんな事例。

こんな感じ!!

関連記事

  1. 士幌町がすごかった話

  2. 北海道の住宅は温かいから半袖って話

  3. 浴室の壁の塗装剥がれは、早めの対処が重要です。

  4. 石タイルの表面欠け補修

  5. 床鳴りの対策はどうしていますか?

  6. 一瞬ヤバ系かと思った現場