陶器の補修。場所によってはやります。

端っこが欠けて、ちょうどコーキングとかぶっている部分。

やっぱりスッキリしないから、直すとのご依頼です。

陶器の特徴:中身は窯業、表面はガラス。えっとちょっと不正確かもしれません。

コーキング除去写真があればよかったのですが、断面はザラザラなので密着は良いはず。

表面は塗装密着のために細かく荒らしておきます。

DIY用で陶器用パテ的なものが売ってますが、硬化に24時間とかかかる(もっと早かったけ?)なので補修向きではないんですよね。補修屋さんはすぐ固まる、すぐ乾く物が必要なんです。

なので、必殺の固まるやつ(笑)を使って埋めて整形。塗装してから、コーキングを乗っけて完成です。

おっと、タイトルの場所によってってやつですが、ボウルの内部とか、水漏れの心配がある場所はやりたくないなあ。本格的に依頼がある前に実験すっか。だれか廃棄洗面くれないすかねえ 笑

関連記事

  1. 小さなイチを足していく話

  2. 田端信太郎という男

  3. 意外と深いぐりぐりした傷

  4. タッチアップと吹付け塗装の絶対の違い

  5. システムキッチン引き出しパネルの木口の化粧シートが剥がれた補…

  6. フラッシュ構造の床材なの?

最近の記事

おすすめ記事1 おすすめ記事2
  1. 登録されている記事はございません。
  1. 登録されている記事はございません。