玄関ドアが当たってサイディングが割れた補修事例

ドアストッパーみたいなやつを付ける前の事故だったようでして、アーチ状のおしゃれな軒下ですが。。。

構造に問題なく、反対側もコーキング手前で止まっていて、ホントこのヒト欠けだけでした。

昨日のブログでも 外壁の破損の接着や欠損パーツ作成や似た色を作って塗ったりします。 そうでしたが、外壁はおそらく本物より固くなるパテを使って充填しています。

硬いパテと言っても実はまた順位がありましてね、ここでは今後物が当たる可能性は無いでしょうし、横素材との干渉もないようなので中くらいの硬さを使用。柔らかいほうが整形しやすいんですもん。

2回ほど盛ってガリガリ削る。

そして色を作って塗る。グレー系、ちょっとオレンジ

完璧や!

関連記事

  1. 白木補修のむずかしいやつ

  2. 説明責任の話

  3. 何かが埋まっているんです

  4. 床変色補修をしましたがイマイチだった話

  5. 収納折れ戸の陥没補修

  6. モール材の固定釘隠し