外壁の塗り直し その前に!

外壁の塗り直し

一般的には10年くらいでしょうか?

でも、お家の状況に応じてまちまちですね。

補修屋さん的見解ですが、こんな思考はいかがでしょう?

なんで再塗装するの?

塗装の守る効果が無くなりそう。

守られなくなるとどうなるの?

外壁の素材本体が痛む。そうなると総交換でもっと多額な費用が必要。

 

シグナルとしてはこんな状態

サイディングのパネルの端が剥がれている。

塗装物は端(角)が薄くなりがちです。守る塗装が薄ければなくなるのも早いですね。

固定の釘周りが剥がれている。

釘を打った段階でその穴は露出しているとも言えますが。。。

 

 

で、そんなこんなで再塗装をご検討するのでしょうが、どうかこの辺もきっちり直してください。

ボロボロ、崩れ落ちているような箇所。

こんな感じの窯業系サイディングで崩れて手で触れるとぽろぽろするようなところは、そのまま塗料を塗ろうとしても塗れるものじゃありませんし、そもそも塗ったそばから崩れ落ちます。

しっかり、素材を回復させてからするべきですよ

こんな感じです。

補修屋さん特有の特殊処理をして崩れを防止して整形します。

必要であればテクスチャーも作れますが、守るを優先するならつるつるのほうが良いですね。

ここまでやって、再塗装の工程に回して塗料の力で守ってもらえれば完璧です。

関連記事

  1. 床の劣化によるハガレ補修

  2. 補修したところはいつまでもつ?

  3. 角は硬くして仕上げます

  4. 埋めて書く。埋めて書く。

  5. ドアのキズ・へこみ補修

  6. ドア枠建材 割れ補修