補修屋さんしか出来ない補修屋さんの得意なキズ

ちょっとしたへこみキズ

生活の中だと ”このくらい。お金出して直さいよ” とか思うじゃないですか。

しかし、新品。新築だったり来週引き渡しですよ。とかいったシチュエーションで見つかったらどうします?

どうにかごまかさなきゃ。  どうやって?

 

色んな人がいろいろ試行錯誤した結果。きれいに直った風に見える技術があるのです。

それが補修屋さんの技術

 

ヒントってことでもないですが

下地の柄がそのまま見えるわけですから、透明系の材料で凹み具合を判らなくするのですが

全く判らなくするにはその他にも工夫があるのです。

補修屋さんなら誰でも知っている基礎的な技術です。

ぼくもⅠ年目には30分以上かかっていたなあ

今では、5分位?

関連記事

  1. 3D PRINT MASK

  2. (ご飯時注意!)車内清掃の話

  3. アクセサリーパーツ関係の補修

  4. 作業場塗り直してたのでお仕事再開できます!の巻

  5. 表面が剥がれて塗装だけでごまかすという事

  6. サイディングの素材の事を考えた話