補修屋さんしか出来ない補修屋さんの得意なキズ

ちょっとしたへこみキズ

生活の中だと ”このくらい。お金出して直さいよ” とか思うじゃないですか。

しかし、新品。新築だったり来週引き渡しですよ。とかいったシチュエーションで見つかったらどうします?

どうにかごまかさなきゃ。  どうやって?

 

色んな人がいろいろ試行錯誤した結果。きれいに直った風に見える技術があるのです。

それが補修屋さんの技術

 

ヒントってことでもないですが

下地の柄がそのまま見えるわけですから、透明系の材料で凹み具合を判らなくするのですが

全く判らなくするにはその他にも工夫があるのです。

補修屋さんなら誰でも知っている基礎的な技術です。

ぼくもⅠ年目には30分以上かかっていたなあ

今では、5分位?

関連記事

  1. 上場会社の技術技能研修と上場会社の業務継承説明会の話

  2. 意外と中心部以外のご依頼が多い話

  3. 営業車のご案内 ホイールカラーチェンジ編

  4. 壁紙の色抜け補色

  5. 白のキズ補修

  6. 田端信太郎という男

最近の記事

おすすめ記事1 おすすめ記事2
  1. 登録されている記事はございません。
  1. 登録されている記事はございません。