新築工場のアルミサッシ補修

某自動車関係の新築工場での補修ご依頼

新築なので自動車工場側からの依頼ではなく建築側のほうのご依頼です。

サッシ関係は今年よく扱っていただきましたが、今回も今までは札幌から補修業者を呼んで出張費・宿泊費とやむなく高コストで直していたとのこと。

皆様安さより品質を重視していますのでことさら安いことをアピールすることも無いんですが、

品質面でも好評でもありますし、更に近くて対応がよく、更に出張費等を考えると確実に安い事をアピールできることはちょっと強みですね。

 

さて、今回のアルミサッシ

アルミはもちろん金属なのですが、補修には塗料を使うわけです。

厳密には塗料で吹き付けてもアルミ地のようにはなりません。(塗装仕上げなら同じ塗料を作れれば同じになります)

ちょっと離れれば同じに見えます。(っていうかわかりません)

それが補修処理です。

ビフォア・アフター(近)色の濃淡が違うのは光の反射加減です。

 

ビフォア・アフター(遠)1mも離れれば気づく要素は限りなくなくなります。

 

関連記事

  1. 施工方法を迷う大きさの床傷

  2. 入隅とか出隅とか隙間埋めの話

  3. 結露が原因のシミがひどかったです

  4. 溶接スパーク跡消せます。

  5. 内装屋さんの疑問

  6. 集成材の割れ補修