陶器のうさぎ

陶器の修復出来ますよ

飾り物ならなお受けやすいです

口に入るモノ(カップや茶碗や)は安全性を考えるとやりたくないです

接着してぴったり合えばラッキーですが今回は空き空きで接着後がまるわかりです

色を作って消し込むのは補修屋さんの得意技です

交換するとか考えられない 大切な思い出も 一生懸命元に戻します

関連記事

  1. 床とか、廻り縁とか、レール枠とか

  2. 木目柄壁紙の木目書き

  3. スケート刃の研ぎ

  4. 玄関ドアのチョイキズ

  5. 灰皿焦げ跡直し

  6. タイヤ交換でのキズを簡単に直します。