手すりの擦り傷補修

始まり、終わりという部分は、やはりぶつかりやすいんでしょうか?

接触したことに反応して、避けようと擦り傷につながるのか?

擦り傷ですと、キズにはなるものの深さはあまり無く、構造レイヤーとしては着色部分まで削れてないことが多いです。

そうであれば、クリアー塗装だけでわからなくなる場合が多く、今回もそんな事例。

こんな感じ!!

関連記事

  1. 久しぶりにスキーをして、力の入れ方の重要さを思い出したんだ

  2. ガンプラ野郎ですよ

  3. エアロパーツ外し

  4. 補修屋さんの道具 キムタオル

  5. 温かいから? ホイールリペアの問い合わせが多いです。

  6. 楽天モバイルにMNPした話