日焼けで色抜けの床をなんとか色を入れる補うと

昨日の 補修跡再補修のお部屋 と同時施工でした。

とはいえ、この色抜けの対応はちょっとやり方が違って普段やらない方法。

ヒントは塗料の種類

塗料には顔料系と染料系が有りまして

ざっくり説明しますと顔料系は塗りつぶし。いわゆるペンキをイメージしてください。

下の柄など関係なく塗料色にするのを目的とします。

それに対して染料系は布を染めるのをイメージしてください。

柄は染まりませんよね。模様を活かしつつベースの色だけ変えたい。

そんな違いの使い分けをします。

 

んで、素材の木としてはまだまだ使えるのですが色抜けしているので、染めたいなあと思うじゃないですか

じゃ、染めてみましょう って言うことです。

ただ、この色抜けが全体のことならイージーなのですが、部分部分で抜けているとそんなに都合よく染まりません。

ムラが出ちゃうんですよね。そこがリスクです。

ちょっとずつ染めながら、全体的にバランス重視

アップだとやっぱりムラっぽいですが

全体の感じでこのくらい。なんとか延命して気持ちよく入居してほしいものです。

関連記事

  1. 床の接着剤除去の話

  2. はじめから補修をあてにしてもらってもいいですよ

  3. お風呂も爽やかに

  4. 有名人から刺激を受けた日の話

  5. 階段手すりの補修です

  6. 繋ぎ目の処理とデザイン感