木材は接着剤でくっつきますよ

当たり前だーって話ですが、ちょっと詳しく話しますので

 

引き出しのレール部分が木材ごとポッキリいっちゃいました。

いきなりですが木材で接着強度が高まるポイントですよ

仮合わせでピッタリくっつくこと。

ピッタリくっつかない個所があってガタガタする場合は、出っ張りを削ったりして取り除いてください。

接着強度が高くなるポイントです。

くっつけたい材料の両面に一度接着剤をもれなく塗ってください。

歯ブラシ的なやつで凹凸綺麗に塗るよう心がけてください。

合わせます。微調整して全ての場所がずれないように

写真のようにクランプで圧をかけてください。

ここで無駄な接着剤が出てきます。全て拭き取ってください。

ここで勘違いしやすいですが、接着剤の層がくっつき強度のような気がして全て出しちゃダメな気がするかもしれませんが、全て出てもいいくらい圧をかけてください。

ただし圧をかけすぎると木材が圧力で凹むのでそうならない程度の強度です。

これが1番強いです。上手にやると折れてない初めの木材より強いです。

そんな訳で、乾燥後レールを取り付けて完成です。

関連記事

  1. 補修ミスで手直しの話

  2. ガンプラ野郎ですよ

  3. 床のゴリゴリ傷(今、命名)の直し

  4. ユニットバスの延命出来ます

  5. 写らなくて 写らなくて やっと写ったガラスのキズ

  6. ホイールリペア ver.180911