気温の低い時の補修

温度が低いといろいろと問題が起きるリスクがあります。

(パテの硬化不良、塗料の乾燥不足など)

それでも現場ではどうにか納めなきゃだめ、な時があり僕もなるべくそれには応じられるようにはしています。

今日はそんなお話。

なんとかパテ整形したところ ↓ (表面はカチカチなんですが内部がどうなっていることやら)

扉がここまでしか開かなくて吹付けしづらい!!

そんでもなんとか仕上げました(問題が出なきゃいいなあ)

関連記事

  1. 床鳴りの対策後の補修

  2. 点傷の直し方例

  3. 水切り攻略法

  4. 10cm四方に100箇所のキズが。。。

  5. キッチン天板(人工大理石)の補修ポイント

  6. カマチのスキマ

最近の記事

おすすめ記事1 おすすめ記事2
  1. 登録されている記事はございません。
  1. 登録されている記事はございません。