目地を中心とした床のシミ補修

ダメージはあまり有りませんでした。

ということは、塗ればいい!ということで

まず、黒ずみを柔らかい色へ

ぴったりだとそのほうが良いのですが、ピッタリ作っていると時間がいくら有っても足りないので

その後、微調整とか

必要であれば木目とか書きます。

まあまあ、さっぱりキレイですよね!

関連記事

  1. ベロっと表面の剥がれた床補修

  2. 点傷の直し方例

  3. カラークリアーで色合わせ

  4. ちょっとした傷

  5. ウッドリペア

  6. コーナーパーツのキズ補修