フローリングの表面剥離接着

目地から剥がれが起きています。

一昔前のフローリングの構造的欠陥として、こういう剥離が起きやすいということがあるんですね。

もちろん全体的に均等に起きるってほどではないのですが、

おそらく目地から水分が侵入 → 膨れる → 剥離

だと思うんですが、レイヤー構造の断面が表面に出ているというのは欠陥なのかな?と思っています。

直し方は、全く単純で

端から少しずつ接着して固めていくだけ、というもの。

同時にいっぺんに圧をかけられる治具的なものがあれば、一度にでも出来るかも!

このくらいも

きゅっと固める。

ビシッと平になればよいのですが、まずは固めて剥がれが広がらないことが重要。

関連記事

  1. ポツポツ点在している床のシミ補修

  2. 茶系(オレンジ系)の床補修

  3. 薬品侵食っぽい内部剥離の塗装補修

  4. ちょっとしたドアの陥没補修

  5. パッケージを開けずにガンプラ作ってみた!

  6. 影が消えるとだいぶいい感じになるよね