プロの接着補修

框の接合部がダルダルになっていました。

もともと一体な建材ではなく、現場で合わせているわけですが

この接合部がしっかり接着されていないと、引っかかってこういう風になっちゃいますよね。

直し方は単純で、浮いているところを一つ一つくっつけていくだけ。

押しすぎず、適度な力でやると、きれいな直線になります。

関連記事

  1. 天板横面塗装仕上げの凹み傷の補修

  2. 扉表面の傷

  3. カーポート柱の接触キズ補修

  4. 柄物は補修でどうなるの?

  5. 床鳴りの対策後の補修

  6. 新兵器!!携帯コンプレッサー

最近の記事

おすすめ記事1 おすすめ記事2
  1. 登録されている記事はございません。
  1. 登録されている記事はございません。