仕様以上の仕上がりを補修で!

室内ドアのトップ。通常見えないところですが、この右側は階段で、降りるときに見えちゃいそう。

お客様は気になるようです。

ここはいわゆるドアの仕様(製品仕上がり通り)で、ハウスメーカーさんも文句を言われる筋合いは無いのですが、お客様の要望であればなんとか応えたい。

んで、誰がやるの? ”おーい、山田くん!” みたいなノリで、僕に依頼が!

補修屋できそうでしょ? と思ってもらえるのは、実は嬉しいです!!

 

早速、施工編

まずは、木口のガタガタを埋めます。

ガタガタを塗装しても、ガタガタな仕上がりですからね

パテが白なので、その白が目立たなくなるよう白でベース塗装します。木目色でもいいかもね。

ドアはブルー系で塗った風の意匠なので、そのブルー系の色を作ります。

ブルー系は余りやらないので、たまにやると楽しい!

白の上に、ブルー系を吹く。ガッパリ吹くとのっぺりするので、ふわっと吹いてみた。

この辺はやりながら考えています。

木目をどうしよっかな?と考え

ま、ま、ざざっと描く

その後、先程の青系でかぶせる、と

クドくなく、それっぽい。と思いません?

 

違和感なし!!

関連記事

  1. 塗装をもうちょっとふわっとしたい(ドア陥没補修)

  2. ほんのり赤い?

  3. コンクリート補修

  4. 凹みキズは反射勝負

  5. オレンジ・茶系の床補修

  6. スマートロック取り外し補修

最近の記事

おすすめ記事1 おすすめ記事2
  1. 登録されている記事はございません。
  1. 登録されている記事はございません。