消えるシミ消えないシミ

床のシミ

何かを長期間置いていて、色移りする現象

上に乗っている物によって床の素材を侵食したり、柄のレイヤーまでは反応せず対処が可能な場合といろいろです。

この場合は侵食が激しかった。薄い色だったのですが。。。

白系に彩度が乗るとそれ自体ですでに違和感ですから、まずは白で隠蔽したい。

その後、色調整して仕上げていくのですが、白系はシビアなんですよね

 

一方、こちらはサビが乗った床。床素材は一緒です。

サビ写りですから、なにか金属系の物を置いていたのでしょう。

こちらは、溶剤と研磨できれいに落ちました。侵食してなかったんですね。

こちらのほうが濃い色なのにね。

触るまで判らないということはよくあるのです。

関連記事

  1. 影が消えるとだいぶいい感じになるよね

  2. 塗装なし外壁補修

  3. 安い下駄箱扉は補修予算が取れない話

  4. 染料で描く!

  5. 準備中!!

  6. 洗面台ポケット内部の割れ補修

最近の記事

おすすめ記事1 おすすめ記事2
  1. 登録されている記事はございません。
  1. 登録されている記事はございません。