雰囲気補修の話

床のシミ補修の件です。

ご覧の通り、ゴミ散乱です。(この状態は同時に内装屋さんが入っていてクロスゴミが落ちていますが、当初もっとひどかった。。。)

で、見積もりとご予算が折り合わず、それでもやらなきゃだめのようで、ご予算に合わせた施工 → ちょっと品質落ちる施工で合意しました。

ご予算少なくても、クリーニングは手を抜かない。

プライマー塗布も手を抜かない、その後下塗り。今回はこの色作りがすべてです。

でも、1色だとどうしても合う所と、合わない所が出ますよね。

木目描き。ここが手の抜きどころ(言い方!)

ざざざっと描く。描き直さない。

基本まっすぐ細い線を60cm描いときゃ良い(難しい!)んですが、5回に1つくらい模様を描く。

木目をざっと描いた後、2,3色追加でグラデーションやら、汚れ色やら入れて全体調整をする。

大体できたら、目地の汚れを入れる。

OK!なら最後に、ウレタンクリアを吹いて保護膜を作ります。

塗りたてつやっつや

終わりです。もっと直せます(直したい)が、雰囲気OK!

何じゃこの汚いの!って感じがなくなれば良いかな!

 

関連記事

  1. 繋ぎ目材の欠き取りは難しいのかな?

  2. 色つけるだけじゃイマイチだよね

  3. 玄関ドアの腐食です

  4. 溶接もやってみたい!

  5. 小さなイチを足していく話

  6. 塗膜だけ削れた傷の補修