適当にタッチアップしたほうが良い傷

ってことです。

傷が細い、小さい場合にはしっかり埋めて、ぼかし塗装をして、ツヤ調整をしてってことをするより、構成色でピンポイントにタッチアップしたほうがきれいにわからなくなります。

もちろん完全回復はしていないのですが、傷面積より多くの部分をいじってしまうとかえって目立ってしまいます。

この場合、薄いブラウン色、焦げ茶色この2つを入れれば、もうOK。

木目に対して直角傷ですが、木目に沿って上書きする必要なし。

最小限の良い仕事をしたいよねって話です。

関連記事

  1. 新しい地図

  2. キャンピングカーの室内補修

  3. サイディング直し追加!の日

  4. 陽射しやらなんやらで傷んだ床の着色補修

  5. 金物パーツのキズ補修

  6. coming up next!!