劣化進行中の床補修

まあまあ古い賃貸お部屋です。

一部表面が無くなっていますが、剥がれてもいまして放置するとベリベリっと行っちゃいそう。

これは、はじめに接着剤で固めます。かっちかち

その後、下色にあった充填剤を入れて平面を出します。

で、木目を描いたり、違和感内容に色調整をして出来上がり

引きだと全くわからない! です

関連記事

  1. 新年度は床材張替え後の補修から

  2. ガラス傷補修

  3. 棚板の割れ補修です。

  4. ひさびさにめっちゃ描いた件

  5. 壁紙の色抜け補色

  6. アナアナアナ!