洗面化粧台(樹脂製)の補修

劣化亀裂でしょうか?

原因不明ですね。しかし確かに割れています。さて今日これを Let’s repair!

これくらいの亀裂ですと、全く接着剤もパテも入りません。

いわゆるVカット処理したいわけですが、樹脂の場合こんな方法が良いですよ!

プラ系、熱で溶けますよね。溶けて広がりしかも底が溶着するという、一石二鳥

全部やる!

余計なところを除去して、パテを盛る。

平滑に削っていくと、パテ残りがこんな感じ。

何かというと、残っているところは低いわけですから、亀裂周りは段差ができていたということです。

亀裂を直せば良いわけじゃない。

整形が出来たらあとは着色だけ。

色も決まったら、洗面台っぽくぬるっとクリアを吹く。こういう艶ですよね!

 

 

関連記事

  1. ホイールガリ傷の補修

  2. 新年度は床材張替え後の補修から

  3. 引戸の敷居パーツの破損修理

  4. 床凹み補修

  5. コーキングもたまに頼まれます。

  6. ガラスのキズ消しとか、コロナの件とか

最近の記事

おすすめ記事1 おすすめ記事2
  1. 登録されている記事はございません。
  1. 登録されている記事はございません。