石のテーブル天板のキズ補修(苦戦)

すごーくツブツブな ”石” って感じのテーブルです。

このような亀裂ではない、表面のみの線傷を消すのが今回のミッション。

キズ処理は夢中で写真を撮っていないのですが、滑らかに削ってクリアー素材を注入、研磨します。

これでスキッと終わると思ったのですが。。。

跡が濁って出ちゃった。

ちなみに研磨はこんな工具を使います。もちろん水研ぎ。

一部のみ研磨するとツヤ加減の調整が難しいので、いっそ全体研磨。早くてきれいになるのです。

処理の箇所はちょっと歪んで見えます。

で、問題はここからで、先程の跡、こんな白い濁りになったんですよね。想定外

どうする?どうする?

塗る!ちょんちょん塗る!

すると、ここまで来た!良かった!!

関連記事

  1. ドアハンドルの傷

  2. 繋ぎ目の処理とデザイン感

  3. お仕事のバトンリレー

  4. 韓国系日本人という生き方

  5. 金属系メタリック仕上げの補修

  6. 色つけるだけじゃイマイチだよね

最近の記事

おすすめ記事1 おすすめ記事2
  1. 登録されている記事はございません。
  1. 登録されている記事はございません。