金メッキパーツの塗装は?

金メッキ色っていうのは無いんですよね。

では、塗れないかといえばそうでもなくて

メッキがどういう仕組で出来てるかと考えるとわかりやすい。

アルミに電着やドブ漬けで皮膜を定着させるやり方で、対して塗装は樹脂を粒子化して吹き付けるわけですから全く違う部類の施工方法でうす。

とすれば、まずはアルミのピカピカを作る(塗る)これも厳密にはシルバーのメッキのほうが良いのですが粒子の細かいシルバーでもまあまあイケると思います。

ホイールの塗装で言うところのハイパーシルバーとかの粒子ですね。

それを仕上げた後、キャンディー塗装でイエロー or オレンジイエロー などで重ね塗りをすると、奥行きのある透き通ったで粒子感のないメッキ調塗装ができるはず。

さて、そんなうんちくを言ったところで恐縮ですが、ではそれやるの?安いの?かと言えば

うーん。無理!工程いっぱい

ということで、理論上はねっ!みたいな話でした。

 

じゃ、やらないの?。。。 やります。簡易補修。まあゴールド塗るだけですが 笑

とにかく汚れは隠蔽。

ゴールド塗装ダメみたいな感じですが、ゴールドもいろいろですから、似た色味を選ぶともっと良いです。

これは、今日あったゴールドをサイド面だけ塗っただけ。クリアをツヤッツヤに塗れば簡易的にしては良いと思います。

関連記事

  1. サイディング再固定のに伴う補修

  2. 北海道の住宅は温かいから半袖って話

  3. 大量の床の傷

  4. 窯業サイディングの木口は塗装が剥がれやすい話

  5. ペットの爪研ぎらしき巾木ダメージの補修

  6. 劣化進行中の床補修

最近の記事

おすすめ記事1 おすすめ記事2
  1. 登録されている記事はございません。
  1. 登録されている記事はございません。