ステンレスレールの補修

ドアの下部レールです。車輪が滑るような箇所ですね。

結構汚れていますが、内部に空洞があると良くないので、充填剤を入れてしばらく放置してもらってました。

補修はまず汚れ落とし。ってことで汚れを除去。

ステンレスの場合は手でちょっと削ったくらいじゃ凹みは出来ませんので、400番とかでごしごししてもOK!

すると残った穴はこのくらい。

ドアが通るわけですからなるべく硬いもので充填したい。

ホントは仕上がり悪くても溶接してもらったほうが良いのですが、ご相談した所この現場で周りを汚さず溶接できるアテが無いとのことで、金属系パテを乗せました。これ硬さはOKですが、なんせ整形すると薄くなるので、薄いと強度大丈夫かな?

で、仕上げ塗装ですがステンレス色塗装はね、あんまりしない、というかそんな都合の良い塗料はないんですよね。

地金の仕上げ磨きで色目変わりますし。

でも逆に言えば、周りを塗装色っぽく磨き荒らしてボカシ塗装すれば、なんとなく仕上がるんじゃないの作戦です。笑

こんな感じ?

違う方向。平らなステンレス板を塗装してもバレバレですが、形状のあるやつなら ”反射です” ”影です” という設定でごまかせるかな?という直し方。

ええ、完璧じゃないですが、これで良ければ対応出来ますが、いかがですか?

関連記事

  1. 新築リフォームフェア in アグリアリーナ

  2. 夏タイヤのホイールキズを直すなら今!

  3. バルコニーFRP防水部の傷直し

  4. クッションフロアに突き刺さったドライバーの傷補修

  5. 劣化進行中の床補修

  6. 新しい地図

最近の記事

おすすめ記事1 おすすめ記事2
  1. 登録されている記事はございません。
  1. 登録されている記事はございません。