階段のトントントンっていう傷

お子さんがいれば、”それなっ!”って思ってくれるでしょう。

2階から降りる時に、なんか硬やつを引きずりながら降りてきて、かんこんかんこん傷を付けてしまって、あちゃ~みたいなやつですよ。

もちろん、子供のやること怒っちゃダメですよね。

でも、まあ傷は直したい。新築ならなおさらな話です。

 

 

 

それで、この程度直すのは簡単なのですが、今回は直してしばらくしたら取れちゃったよ、との連絡があり、通常シンナーでも使わなきゃ簡単に落ちない材料なのですが、コロナのこんなご時世で、ゴシゴシ頑張って清掃しちゃったのかな? という対策です。

で、特にご指定がなければ仕上げスプレーを吹くのですが、これはラッカークリアーなんですよね。ですからシンナーでは溶けちゃいます。

それ以上ですと、2液ウレタンを吹き付けます。何なら自動車のボディー用でもいいんですけでどね!笑

始めっから耐久性のあるや使えばという言い分ももちろん分かるのですが、施工時間=工賃 を過度に掛けるのも問題ですから、通常そこまではしないんですよね。それでオプションでご要望があればグレード良い施工もできますよという方針です。

関連記事

  1. 商工会理事になった話

  2. 収納扉の表面材剥がれ補修

  3. キッチン置き台の剥がれ補修

  4. フローリングに付いたタイヤのシミを除去

  5. 若者のほうが未来のことを真剣に考えているということの話

  6. 基本的に夜間はしたくないんですが