外壁幕板も剥がれます

昨日の外壁のもっと上部。この部位、幕板っていうんですって、へー

で、こちらはこちらでこんなに表面剥がれるものなのね、などど感心しつつ

僕の使う補修手法は、一緒です。

固める。そして埋める。そして塗る。ただそれだけ

しかし、盛れないんですよねー。コレも10回以上やったかしら?

サフを塗るとエラーが見えます。巣穴とかも

こちら刷毛塗り感がすごかったんですよね。剥がれた塗膜も塗膜感が結構あって。

なのでペンキを使いました。シリコン系で外部用油性塗料を刷毛で塗る。

もちろん色は作る。黒・白・黄だっけ

完成。少し塗った端(右方向)に境目が見えますね。乾くともう少し緩和されるかな。塗りたてテカテカ。艶調整剤ないんですよね。

関連記事

  1. 隙間の埋め方の話

  2. 棚板塗装全剥補修

  3. テーブル表面劣化を部分補修して違和感なくする。

  4. 繋ぎ目の処理とデザイン感

  5. 打撃圧縮傷

  6. 溶接もやってみたい!