無理やり消さない方が。。。

室内ドアの下端。テープを張って剥がしたらペリペリといっちゃったようです。

表面の柄シートが剥がれているので、いわゆる紙一枚の段差がある状態。

ちゃんと紙分埋めるのですが、埋める前にちょっと染める。ちょっとだけ

その上から、”この色” っていう充填剤で埋める。

少しだけ更に染まる。この程度で良いんですよ。

なぜならこの茶系の中でも、いろんな木目の色があり決めようと頑張ってもそんなわけにはいかず、ここではそこから発展させるのに都合の良い程度色で良いので

黄色すぎず、明すぎず、黒すぎず

で、最後一つずつもう少し足していく。一つずつ見るとこれでもまだですが、認識としては十分。

関連記事

  1. クリア塗装のみで再生!

  2. 石のテーブル天板のキズ補修(苦戦)

  3. キチン内部のちらっと見えるブロックを白く塗ってほしい

  4. 溶けない汚れ削る汚れ

  5. 意外と中心部以外のご依頼が多い話

  6. 吹き付け塗装で火災報知器が作動した話