色つけるだけじゃイマイチだよね

傷は削れているから傷であって、色入れるだけでいいよ! と言われましても、あまり仕上がらないんですよね。

色入れる。こんな感じ。

いや、正しくは傷があっても解らなく感じる色付はあるのですが、

それは、凸凹がわからない角度からは、 ”解らなくなった” のであって、影が出る角度からはどうやっても解るわけです。

お客さまがそれで良いとご要望されるのでしたら、

”それでは以上です” と完了させるのですが、

前出の ”色だけで良いよ” という言葉をそのまま受け取って仕事をすると、結構不評になりかねなくてですね、

やっぱり、ちゃんとしよっ! って思っています。 笑

関連記事

  1. お仕事のバトンリレー

  2. 繋ぎ目の処理とデザイン感

  3. 樹脂サッシ傷(ちょっと特殊)

  4. 焦げ跡補修

  5. 上り框の傷補修

  6. タバコの焦げ跡を補修する