光沢のある床は難しいか?簡単か?

光沢の調整はクリアのつや消し剤の含有率によって調整できますので、

この問題、実は意味ないんです。最後に上手にクリアを塗れるか問題。

でも、下地がうまく作れてなかったり、テクスチャーが複雑だったりすると陰影がバッチリ出るので、そちら問題はあります。

で、今回はしっかり反射しているアパートの床。中心と端に傷があります。

こちら端側は木目にそっていますし、ま、端はちょっと気が楽ですよね。目線に入りづらいですから

サクッと

こちらが本命。うにゅうにゅ入っています。

グラデーション吹付けでなんとかこんな感じ。新技ですよ

関連記事

  1. 床のゴリゴリ傷(今、命名)の直し

  2. 全くわからない補修とちょっとわかる補修

  3. ドア枠の穴補修

  4. ホイールリペア:ダイヤモンドカットぼかし塗装処理

  5. クローゼット棚板の取り付け不良

  6. 窓ガラスの交換でサッシのパーツが割れることがあるらしいですよ…