木の日焼け違いの塗装修正

床の間のリフォームでお呼ばれされました。

設置されていたものを撤去すると、このように隠れていた部分と見えていた部分の色が違い、かといえ取り替えにくい部分。

こんなときに、色調整すればOK! と考えてもらえれば、お客様、施工会社、僕と三方良しみたいなことになりますね! 笑

施工後

ドバっと塗っているわけでなく、境目がある中でも微調整で少しずつ塗っているんです。

もちろん色も何色か作りながら。ですのでうまくいくと気持ちいい仕事。

これ、失敗すると取り返しがつかないんですよね。。。

関連記事

  1. 立水栓の凹み補修

  2. 無垢木の造作扉のシミ隠蔽(最終日)

  3. 金物パーツのキズ補修

  4. PINK LOCKER!!

  5. 劣化サイディング部分補修

  6. 蓄熱暖房機の汚れを塗装して消します