木の日焼け違いの塗装修正

床の間のリフォームでお呼ばれされました。

設置されていたものを撤去すると、このように隠れていた部分と見えていた部分の色が違い、かといえ取り替えにくい部分。

こんなときに、色調整すればOK! と考えてもらえれば、お客様、施工会社、僕と三方良しみたいなことになりますね! 笑

施工後

ドバっと塗っているわけでなく、境目がある中でも微調整で少しずつ塗っているんです。

もちろん色も何色か作りながら。ですのでうまくいくと気持ちいい仕事。

これ、失敗すると取り返しがつかないんですよね。。。

関連記事

  1. 意外と中心部以外のご依頼が多い話

  2. 床材組み込み補修をしてみようか

  3. 中札内農業の優位性をちょっと

  4. 床凹み補修

  5. 高級床材の場合

  6. 文字を書いて(補正)してみました

最近の記事

おすすめ記事1 おすすめ記事2
  1. 登録されている記事はございません。
  1. 登録されている記事はございません。