fusionで ”ふでばこ” のようなモデリングをするには?

2夜連続の3Dモデリングの紹介です。(さて、興味ある方いるのでしょうか?)

画像のような、特徴としては立方体の出っ張り、切り抜きの足し引きで作れそうなやつ。

fusion360ではブーリアン演算と言うようですが、立方体追加オプションで次の選択が出来るんです。

・結合:立方体同士が合体する。(和)
・切り取り:新しい立方体によって、もともとあった立方体が削られる。(差)
・交差:立方体同士が交差している部分が残る。(積)
・新規ボディ:新規のボディが作られる。ブラザを見るとボディが増えている。

結合オプションだと、重なった立方体部分が2倍で無くて、そのまま結合され一つの立方体ボディとして設定されます。

逆に切り取りだと、重なったところが引かれる(なくなる)オプション

とりあえずわかりやすいこの2つを使って作ります。

まず基礎部分をニョキッと

切り取りで内部を切り抜きます。(赤い部分が立方体切り取りオプション)

窓のような模様はこんな感じで切り抜き

円柱ももちろん出来ます。

天井の縁を結合で追加。

この角度だと結合されているのが、わかりやすい。

4辺作って完成です。例によってデザインは違いますが、これがマニュアル調べなくても作れれば合格!

関連記事

  1. アルミ製フェンスの補修

  2. 賃貸アパートの原状回復の件

  3. 床鳴り対策のビス打ち消し

  4. 樹脂サッシのクリーナーで落ちないけど凹みもない程度の傷

  5. 玄関ドアの補修(軽度)

  6. 浴室の壁の塗装剥がれは、早めの対処が重要です。