テクスチャーで見た目復活!

Pタイルぽい室内の床材。住宅用もPタイルっていうのかな?

いまどきは多分カッコいい商品名があるはず。

で、どうやら設備屋さんが引きずったのでは? とのことで、線傷が付いています。

もちろん、埋める。その後の話

埋めた直後は大抵その跡はつるつる。研ぎますから

対して、このPタイルだと、梨地っぽい感じ。梨地って表面にポツポツ荒れている状態。もちろん均等にです。

その感じを再現。このテクスチャーを入れるとちょっとツヤが消えるのです。

最後に、ツヤ感を適正にすると完成。

テクスチャーを再現!!って場面だとついここを思い出すんです。

そう、ヒソカです。ハンターハンター続きコミックだせー

関連記事

  1. 保険対応の流れの話

  2. 結露が原因のシミがひどかったです

  3. 若い農業経営者さんは、農業委員になるべきじゃないの?って話

  4. 壁穴の補修と壁紙の張替え

  5. アルミのキズ消し磨き仕上げやメンテの話

  6. 隣の色に引っ張られるという感覚