ドアの割れ補修

10cmほどの割れ。何かが当たってバリッとなったんでしょうが、相当の事がないと割れないんですが。

ドアの割れの場合、内部に入った方と残された方と互い違いになって具合が悪い。

そのままパテを塗りまくる場合と、互い違いを修正して残りを対処する場合とありまして、

なるべくオリジナルを活かしたい派の僕としては、段差修正後微調整でやりたいと思っています。

 

 

途中。色入りすぎちゃった。。。

修正後。こんなくらいでしょうか。

関連記事

  1. 補修の仕上げ方はお客様それぞれで変えています

  2. 床のシミ 色味回復工事

  3. サッシの開放防止金具の取り付け部がバッキバキ

  4. 木口の追加塗装

  5. お風呂の壁パネルの表面欠け

  6. システムキッチン引き出しパネルの木口の化粧シートが剥がれた補…