タイヤ交換でのキズを簡単に直します。

タイヤ交換ではこの小さい穴(ナットホール)にギリギリの器具を突っ込んで、しかも回転させて作業するわけですが、言葉は悪いですが通常の料金作業(¥2,000くらい)ショップでは、キズつけられることもあるかもしれませんね。

しかし、お客様としてはどんなことがあろうとも、どんな料金だろうと、傷つけられるなんてことはありえないんでしょうし、まあその気持はわかります。

その件に対して、クレーム入れるかどうかは、全くお客様次第でして、逆にクレーム入れられた場合は対応せざるをえないなあと思ったりします。

まあ、その対応はさておき、僕は直すのが仕事ですから、いかに品質を担保しつつ、リーズナブルに提供できるかをご提案するようにしています。

 

ナットホールの場合、交換で器具が触れれば、どんな塗膜だろうが傷つきますし、接触がなければ相当きれいに保たれます。

今回は、ほんの少しのキズ。がっちり塗装して塗装荒れをだしたくないなあ

色抜けだけで対応したほうが、みんなハッピーかなあと思い、下地処理→着色のみのご提案をさせていただきました。

通常の施工との違いはクリアを入れるかどうかですが、クリアはミスト荒れが出がちで、そのコストはやはりでかいんですよね。

で、今回はあえてクリアなし。手抜きといえば手抜きですが、さっきも申した通り触れば傷が付きますし、触らなければ通常の洗浄くらいでは色抜けはしません。溶剤耐性はありませんけど。

ってことで、下地処理をして、ガンメタをシュッと塗る。終わり。みんなハッピー

 

こんなのが8ヶ所。まとめてやるとさらに安い。

関連記事

  1. 3Dプリンタで遊んでみました。

  2. 指示仕事は基本上からだよね〜って話

  3. ほんのちょっとしたサッシ補修

  4. 隅っこは大変な話

  5. 樹脂製のサッシ、このくらいはキズって言いますか?

  6. ダボ処理の話